病気について

category-disease

フィラリア症

蚊を媒介して感染。犬の心臓内部に寄生。

フィラリアという寄生虫が、心臓の内部に寄生 することで起きる病気です。 蚊を媒介して、主に犬に感染します。フィラリ ア症は、フィラリアの成虫が、心臓に寄生することでうっ血性の心不全を起こします。症状は様々で疲れ やすい、元気がないから始まり、乾いたせき、進行してくると腹水がたまります。 また、急激な症状で急死してしまうこともあります。
予防投薬前には必ず血液検査が必要です。既に感染している犬に投薬するとショック等の副作用が現れる可能性があります。
投薬前には必ず血液検査が必要です。 既に感染している犬に投薬するとショック等の副作用が現れる可能性があります。

パルボウイルス感染症

激しい嘔吐や下痢。子犬がかかりやすい病気。

パルボウイルス感染症は、子犬がかかりやすい病気です。原因となるのが、イヌパルボウイルスです。ウイルスは犬の鼻や口から入ってきます。
感染した犬と直接接触する以外に、イヌパルボウイルスに感染した犬の嘔吐物、糞便、使っていた食器などから感染します。
激しい嘔吐があり頻繁に下痢をするので、飼い主が気づくことも多いです。 便の色は、はじめは灰色でしだいに粘液が増えてきます。色は赤くなってきます。激しい症状でなくなってしまうこともあります。
ワクチンの接種が有効です。年に1回定期的にワクチン接種をうけるようにしましょう。

ジステンパーウイルス感染症

感染後4〜6日で発症。伝染性・死亡率ともに高め。

イヌジステンパーウイルスが原因で飛沫感染(犬のくしゃみなど)、間接感染 (感染している犬の使用した食器など)、直接感染(直接感染している犬に触れる)の3つの感染経路があります。伝染性・死亡率ともに高い病気。
感染後4〜6日で発症します。
発熱、食欲不振、結膜炎、元気がなくなるなどの症状が現れた後、嘔吐、下痢、せき、くしゃみなどの、消化器と呼吸器の症状が出現します。さらに進行するとウイルスは脳にまで達し、てんかん、筋肉の痙攣、下半身の麻痺といった神経症状が現れます。
ワクチンの接種が有効です。母犬の移行抗体が消失する時期(生後2~3カ月)にワクチン接種を行います。

心臓病

呼吸困難・息切れ、貧血を引き起こす重篤な病気。

人間もそうですが心臓は生まれた時からずっと動いて、全身に血液を運んでいます。
中高齢になると、心臓の負担もかかってきていろいろな症状が出てくる事とがあります。呼吸が荒くなったり、咳をしたり、舌の色が悪くなったり、急に発作を起こすこともあります。治る病気ではありませんが、進行を遅らせたり、日常をより過ごしやすくする治療ができます。
心臓に負担をかけないように運動を制限し、食餌の水分と塩分を減らします。心不全用の処方食を利用するのもおすすめです。

子宮蓄膿症

細菌が子宮に感染することにより起こる病気。

子宮が細菌感染して炎症を起こし、子宮の中に膿がたまる病気です。発見が遅れると亡くなってしまう事もあります。
犬は閉経がありません。普段から生理の間隔、日数、出血量などはチェックして おきましょう。いつもと違うときには注意が必要です。
猫は生理がありません。
犬も猫も元気食欲の消失をはじめ、陰部からのおりものや出血、多飲多尿、嘔吐・下痢など症状は様々です。
基本的には卵巣子宮摘出手術が必要になります。
子どもを産ませないのであれば、避妊手術をしておけば病気の予防にもなります。

椎間板ヘルニア

胴長短足の犬種は、特にかかりやすい。

背中の椎間板が神経を圧迫して激しい痛みや四肢の麻痺などを引き起こす病気です。確定診断にはCTやMRIが必要になりますがX線検査や神経学的検査から推定できます。
内科的・外科的治療がありますが、症状が出てから素早い治療開始が大切です。 ダックスフンドやコーギーなどの胴長短足の犬種は、特に注意が必要です。
太りすぎや激しい段差の昇り降りは避けましょう。

気管虚脱

呼吸困難や、体温調節ができなくなり熱中症の原因にも。

遺伝的な原因や肥満や老化などにより、軟骨が正常な形を保てなくなると、気管が押しつぶされることになり、空気の流通が悪くなって呼吸困難を起こします。
ポメラニアン、チワワなどの小型犬や短頭種に多くみられます。
内科的治療によって症状を抑えます。 重症の場合は内科療法だけでは完治は難しく、酸素吸入などが必要になることもあります。
肥満、興奮を避けて熱中症に注意しましょう。

乳腺腫瘍

犬の50% 猫の90%は悪性です。

乳腺にできる腫瘍で、不妊手術していないメスに多くみられ、当院で手術する最も 多い腫瘍です。治療方法としては、外科手術が第1選択になります。
乳腺は45対あるので大きく切除しないといけないこともあります。
胸やお腹にしこりを見つけたら早めに受診しましょう。
不妊手術をする事で乳腺腫瘍の発生リスクが減少する事がわかっています。 子供を産ませる予定がないようであれば早めの不妊手術をお勧めします。

前立腺肥大

尿や便が出にくくなります。

オスの生殖器の病気で、精巣からのホルモンの分泌が悪くなって起こる病気です。
前立腺の近くにある直腸や尿道、膀胱などが圧迫され、便秘や排尿 困難などをひき起こします。去勢手術をしている子にはほとんど起こりません。
早めの去勢手術がお勧めです。

猫下部尿路疾患

頻繁にトイレに行く時は要注意!

多くの猫がかかりやすい泌尿器の病気で、FUSとも呼ばれています。
腎臓から尿管、 膀胱、尿道などに尿石ができる尿石症のほか、下部尿路、尿道がつまって排尿障害を起こした状態などもあります。
膀胱炎、腎炎、急性腎不全などが起こり、治療が遅れると亡くなってしまう可能性もあります。早期治療が肝心!
症状は尿をもらしたり、頻繁にトイレに行くようになります。
血尿や排尿姿勢をしても尿が出ない時にはすぐに受診しましょう。
トイレはいつもきれいに、いつもと違った様子が見られたらすぐに受診をしましょう!

猫白血病ウイルス感染症

免疫力低下やさまざまな病気を引き起こす怖い病気!

猫白血病ウイルスに感染している猫の唾液、尿、涙、母乳、血液などを介して感染します。
かみ傷や、口や鼻に直接接触することで感染することが多い感染症で、免疫力が低下し、さまざまな病気にかかりやすくなります。
また、白血病やリンパ腫などを引き起こすこともあります。
症状は、元気食欲消失、風邪の症状、口内炎、貧血など様々です。
室内飼いやワクチンがお勧めです。

猫免疫不全ウイルス感染症

ウイルス感染し免疫力低下。通称「猫エイズ」。

ウイルスに感染して免疫力が低下する病気です。
このウイルスが人間のエイズウイルスに似ているため、通称「猫エイズ」と呼ばれています。ケンカや交配、グルーミングなどから感染します。
無症状のまま一生を終える猫もいれば、なんらかの症状があらわれて死に至る猫もいます。
発症すると、リンパ節は腫れ、全身の免疫機能が低下。
口の中や歯茎がただれたり、 風邪のような状態が長く続いたり、下痢がずっと続く、口内炎、鼻炎、皮膚炎、腸炎など、様々な慢性の病気症状があらわれます。
室内飼いやワクチンがお勧めです。

猫ウイルス性鼻気管炎

発熱、くしゃみ、よだれ、鼻汁。肺炎を引き起こす可能性も。

ヘルペスウイルスというウイルスが感染して、風邪の症状が起こります。
子猫に多く発症し、手当てが遅れると 肺炎を引き起こし死亡することもあります。
ウイルスは鼻から感染し、発熱、くしゃみ、よだれ、鼻汁、結膜炎などの症状が出ます。
悪化すると肺炎や全身 感染を起こし、死亡することもあります。猫ウイルス性 鼻気管炎は、猫カリ シウイルス感染症と一緒に混合感染することが多く、混合 感染した場合には、症状が強く出てしまいます。
ワクチンが有効です。年に1回はワクチンを接種するようにしましょう。
お問い合わせはこちら
はんぺんのひとりごと
シートン日記
獣医師&看護師募集
このページのトップへ